Maker Pi RP2040でCircuitPythonを学ぶ

Cytron社製のMaker Pi RP2040で、CircuitPythonの基本をアップしています。これらを組み合わせて楽しい電子工作を始めてください。Maker Piはあらかじめモーターシールド、サーボモーターシールド、neopixelが搭載された素晴らしいマイコンボードです。あとはRaspberry pi PicoやPico Wも触れていきます。

CircuitPython

プログラミング入門03関数

よく使う処理を関数化して定義します。関数化しておくことで簡単に呼び出すことが出来ます。for文についても解説しています。単純な繰り返しのときに便利な関数です。
CircuitPython

プログラミング入門02変数

今回はPythonの変数についてみていきます。変数とは変えることが出来る数字。変数を使ってテンポをコントロールします。変数は四則演算が可能です。
CircuitPython

プログラミング入門01

Raspberry Pi picoでCircuitPythonを一から学習していきます。importとはなにか。digitalioの使い方、そしてtime関数の使い方を学んでいきましょう。
スポンサーリンク
CircuitPython

テキストスクロール看板をAdafruit IO経由で操作する#15

Raspberry pi pico Wを使ってサインボードを作成。CircuitPythonで開発しています。制作費は5,000円ほどでしょうか?
CircuitPython

pico wとCircuitPythonでテキストをスクロールさせる看板を作る#14

Raspberry pi pico Wを使ってテキストをスクロールする看板を作ります。Matrix PanelはWS2812b仕様の中華製パネルを使用します。
CircuitPython

tiltセンサーをクラウド監視#13

AH407のデータをAdafruit.IO経由でクラウド監視します。遠隔地の情報もインターネット経由で確認できます。またスマホからの確認も簡単ですね。
CircuitPython

Raspberry Pi Pico Wでtiltセンサーを使う#12

wifi機能がついたpico wでIotをする前にAH407というチルト(傾斜)センサーの使い方をマスターします。もちろんCircuitPythonを使ってプログラミングをしていきます。
CircuitPython

Raspberry Pi PicoでCircuitPython#11

Picoの特徴はなんといっても自由に使えるGPIOピンが20本以上あることです。LEDをたくさんコントロールするときに最適です。とても小さなこのサイズも立派なアドバンテージになります。
CircuitPython

サーボモーターを制御する#10

サーボモーターの接続サーボモーターの接続にはGP12のサーボモーターポートを使います。MakerPiRP2040にはSG90が最適です。以下の商品がおすすめです。数が多すぎますが、友達と分けて使えばいいでしょう。MakerPiの薄型サーボモ...
CircuitPython

NeoPixel animationライブラリを使う#09

NeoPIxelテープの配線WS2813Bという規格でこちらはサブの線を持っているため、途中のLEDが切れてもつぎのLEDがひかってくれるというタイプ。アマゾンで探しても現在では取り扱っていませんでした。今回使用するのはWS2812B規格の...
スポンサーリンク